車を売る

日産 ティーダについて

日産 ティーダは、日産自動車が製造販売する小型のハッチバック乗用車です。
ティーダの車名の由来は、沖縄方言の太陽『てぃーだ』から命名されました。
日産自動車の歴史上、名車のひとつと言われています。
シリーズの特徴として、シートが大ぶりであること。
これは欧州製のコンパクトカーと同じです。
国産のライバル車に比べて乗り疲れしないのも特徴のひとつと言えます。
またマイナーチェンジごとに燃費性能が向上し、足回りが細かく手入れされ
ています。
そのため初期型よりも格段に乗り味が良くなっています。
これは、小型車販売の世界戦略でもあるのです。
そして、アメリカ及びカナダ仕様のみの名称は【ヴァーサ】で販売されています。
<歴史>
2004年9月に初代C11型として登場。
当初は1500ccのみでFF駆動と4WD仕様が用意されました。
ミッションはFF駆動で廉価版だけ4速ATとなり、その後はCVTとなる。
4WDは4速ATのみで、その年の10月にセダンの【ティーダラティオ】が誕生。

2005年1月に1800ccが登場し、ミッションはCVTに限定。
2008年1月にマイナーチェンジされ、1800ccには6速マニュアル車が登場。
2010年9月にもマイナーチェンジし、1800ccのラインアップが廃止。、
そのため1500ccのみとなり、FF駆動のミッションがCVTに限定されました。
車買い替え比較ガイド.com

人気度やトレンドも中古車買取店ごとで様々です。よって、査定をお願いする場合には沢山の車買取ディーラーに査定をお願いしてその後、比較検討するのが一番良い中古車売却となるのです。
どうして複数の中古車買取企業にわざわざ査定依頼を求めるのでしょうか?この理由は、同メーカー・車種・年式・自動車の条件であっても、車買取してくれるお店ごとに買取査定額に幅がある場合がしばしばあるからです。
中古車を売却する場合、買取専門業者に中古車査定をしてもらうか、新車を手に入れると同時にその店で中古車査定をやってもらうか、自分自身で売買を実行するかの3つのやり方があります。
普通、車買取専門業者は、お客が何の情報も得ていないとわかる場合は、必ず足元へ付け込んできます。ですが、先に大体の相場を認識していれば、こちらサイドのペースで交渉することが可能となります。
査定をする直前に洗車なんかしても、プロの査定スタッフが見たら大切に乗られてきた車かそうでないかはすぐ見分けれるため、やっぱり日頃からメンテナンスしておくのが車を高く売却できる基本といえます。

 

次は実際に車を売る場合、どういった流れになるのか、といった具体的な話に移ります。
大まかには、以下のような流れで処理します。
「インターネットで事前査定⇒査定結果を確認⇒電話、メールで日程調整⇒現物を本査定し見積もり金額を算出⇒気に入れば成約⇒後日、車を回収」です。
パソコンで査定に申込→買取会社と電話連絡→実物の車を査定→後日、愛車を売却、回収 大体、上記のような流れで進んでいきます。

<PCで査定>最初にインターネット上で自分の愛車の車種・型番、年式などの必要項目を入力し、一括で買取りの予想価格が画面に表示されます。

(一括買取査定のサービスではなく、買取店の査定サービスで申し込む場合は入力項目が少い場合があります) <買取り査定サービスと電話連絡>申し込み完了後、(翌日が多い)に、車買取査定サービスを行う会社から連絡が入り、現物を査定するための日程を決めます。

 

時間帯は土・日・祝日や仕事が終了した後でも来てくれる場合が多いので自分の都合の良い日を指定する事ができます。
<現物を査定>電話連絡の際に決めた日程に、買取査定サービスのスタッフが実物の車を見て、買取り価格を査定します。
車についたキズやへこみ具合などもこの際にチェックされるので、買取り価格を少しでも引上げたい場合は必ずキレイに磨き上げておきましょう。
多くの場合は、この査定を行った後で、一番高い見積りを提示してくれた買取り会社に愛車を買取ってもらうことになります。
査定をしてもらったからといって、必ず売却しなくてはいけないわけではありません。
前項で触れてきた、より多くの業者に査定を依頼する事について、あらためてメリット・デメリットをまとめてみました。
「メリット」その1:高額査定がでやすい。
競合他社が、それこそ競うように少しでも他社より有利になるような見積もりを提示してきますし、付加的なサービスにも期待が持てます。
そして、そもそも、世間の相場価格以下で買いたたかれる・・・といった最悪のケースを回避できます。

 

その2:業者によっての得手不得手の為に損をすることがない。
例えば業者Aは旧車に目が利く、業者Bは社外品(エアロパーツ、カーナビ)をプラス評価してくれる、業者Cは外装のマイナス評価がゆるやか・・・など、業者ごとに特色がある場合があります。
せっかくお金をかけて社外品をつけても、それを評価しない業者B以外の会社にとっては、改造点は逆にマイナス評価だったりしますので、幅広く見積もりをとる事は重要です。
「デメリット」その1:査定に要する時間(期間)が長い。
もっとも大きなデメリットのポイントです。
複数の買取業者に本査定の依頼をすると、当然ながらその業者すべてに対して、査定時立ち合いが必要になります。
例えば慎重に10社に本査定を依頼した場合ですと、1社最低でも1時間強かかりますのでカツカツのスケジュールを組んでも10時間以上、現実的には数日間に分けて、査定の立ち合いの為の日を確保しておく必要があります。

 

その2:人気車種の場合、業者が粘る。
人気車種の高年式車は、業者も必死で確保しようとしてきます。
電話なども頻繁にかかってくる事もあるかもしれません。
さて、事前査定ですが、「1社でも多く依頼する」というのは、前項で触れた通りです。
複数の見積りが手元にくる為、より高額を提示する業者を選定する。
しかし、いくらインターネットでのオンライン査定の依頼ができるとはいえ、たくさんの業者に同じような内容を何十通も連絡して、個別にやりとりして・・・というのも、とてつもない労力ですね。
そんなときに、とても便利なのが「オンライン一括査定」です。
これは、あなたご自身と、愛車の属性情報(氏名、住所、連絡先、車のメーカー、車種型番、といった情報)は、一括査定サイトなどに、初回にたった一度、ほんの数分の登録作業をするだけで、その情報を元に一度に数十社に対して、一括で事前査定を依頼できる・・・というものです。
車 売るなら

初動の労力が格段に軽くなるうえ、依頼が一元的に行えるので、すべての業者に対して同じ内容で行えるといったメリットは大変魅力的です。
そして、業者としても、多くのライバルと競合している事が最初からわかっているので、金額的にももちろんですが、さまざまなメリットを押してきますので、最初から1社に絞っている場合と比較すると、非常に有利に交渉を進める事ができます。
もちろん、このサービスを使うことで、かならずどこかしらと契約しないといけない、などという縛りはありません。
条件にあわなかったら売らなくてもかまいません。
無料で、この一括査定サービスを提供しているサイトも多いので、積極的に活用してみましょう。
今のあなたの車が、世の中の相場としていくらになるのか。
極端な話ですが、5万円でしか売れないのか、100万円で買い取ってもらえるのかというレベルで、まずは相場自体をチェックします。

 

「事前査定」先の項目で触れましたが、業者によってこの査定額は、極端ではないにしろ、差がありますので、1社でも多く見積もってもらうのがよいでしょう。
その時に便利なのが「オンライン査定」です。
実際に販売店などに出向いて査定を依頼する場合、いくら複数の業者を競合させたほうがいいとはいえ、例えば10社〜20社と回るとなると、その労力たるや相当なものになってしまいますが、オンライン査定であれば、自宅にいながら簡単に多くの業者に査定を依頼出すことが可能です。
ただし、ここで得られる金額で実際売れるわけではありません。
あくまで平均的な概算で、事前査定を依頼するわけです。
「本査定」事前査定をする事で、該当車種の平均価格がわかりました。

次は、よい条件で事前査定をつけてきた業者を対象に、実際にプロの目から見た、"あなたの愛車自体"に値段をつけてもらいます。
現物を事細かくチェックを行い、買取り金額そのものを決めていきます。
中には無料でご自宅まで業者を呼べるサービスを提供している会社もありますので、優先的に利用するのもよいでしょう。
この時の注意点としては、"わざわざ来てもらったからと言って、その場で決定しない"ということです。
「申し訳ないような気がする」などと気にする必要はありません。
実際の交渉の進め方は後述します。
次に、頻繁に出てくる用語の違いをしっかり把握しておきましょう。
「買取り」これは単純に、「現在所有している自動車を売却し、代金を受け取る事」です。
買取り価格の相場は「業者間オークション」の相場を基準として算出されます。
もちろん、車を売って手に入れたお金は、何に使っても構いません。

 

また、この相場は地方によって多少なりと異なりますが、大手の買取専門チェーンの場合は、全国区での自社基準を元に算出されますので、高額査定のポイントとなる場合もあります。
「下取り」これは、「現在所有している自動車を引き取らせ、同じ販売店で購入する車の資金に充てる事」です。
下取り価格の相場は、各社の「車種別下取り基準金額」を基準に、状態を減額しながら金額に反映していく(減点方式)というのが一般的です。
先の「業者間オークションの相場」とは直接無関係です。
そして車を売って手に入れたお金は、自動的に次の車の購入資金に充当されますが、購入時の値引き額との線引きがあいまいになってしまう場合があり、明確に「前の車の下取り価格」がわからなくなってしまう場合もありますので注意が必要です。
「個人売買」知人同士でのやりとりや、一般ユーザーが参加可能なオークションなど、「中間に業者が入らない車の売買の方式」の事を指します。

 

あらかじめ自分の車の査定相場をチェックしたい場合に利用するのがベストです。
多数の中古車買取専門店に車査定してもらい見比べることで、多少なりとも高く買取りしてくれる相手をチョイスすることがポイントになります。
たった1社だけで判断してしまうのは非常に危険です。
クルマの査定をしてもらい車買取の相場価格を見極めることからはじめましょう。
最高値を見積りしてきたところと交渉すべきです。
これが簡単に最も高く買取りしてもらうのが可能になる方法なのです。
今はインターネット経由でも中古車査定が可能で、最もお得な買取専門店を紹介してもらえるという便利なシステムもあるのです。
それらを活用するのがよいでしょう。
中古車査定を行う時は、車種・年式、過去に事故を起こしたことの有る無し、大まかなコンディション等を電話かメールかで告げるだけで、概算の金額を教えてくれる買取業者は多いようです。